のほほんジャニオタLIFE

twitter→@furapisunakaji

私が考える担当制度とは?

 

ついこの前、担当チェンジ報告をしました。

ですが、私は“担当制度いらん〜❗️”と

よく嘆いています(笑)

 

そもそも担当とは、そのグループ(またはユニ)で     一番好きなメンバーを示す言葉。

私は“◯◯担”とお互いに名乗り合うことで、        

名刺交換をしているような気分になります。

“◯◯担”と名乗るだけで、“この子は◯◯くんが一番好きなんだ!”と分かるので、やり取りがしやすくなりますよね!

 

現在はどうなのか分かりませんが、

“神担・自担・副担”制度(笑)

例えば5人グループなら3人特別扱いで

あと2人が可哀相という捉え方に

なりがちですよね😅

でも、◯年前の私はこの制度は⭕️だと思い、

プロフに3人の名を挙げていました(笑)

当時の私はグループ内の3人で迷っていて、

迷子ちゃんだったんです。

 

 

今もそうですが、

グループまるっと愛したいんですよね(笑)

というか、グループ全員のことが大好き

じゃないとファンになれない〜❗️

 

メンバー各々が持っている

“コレだけは他メンに負けない”ポイントに惹かれる〜♡

自担を名乗りながらもそんな感じなので、

自担への罪悪感が尋常じゃなく、

それが担当制度がイヤになる原因。

“◯◯担だから△△くん大好きって軽率に言わないように”みたいな、暗黙のルールがあるような

気がして…担当制度によって自分の気持ちを

縛られたくないんです。

 

DDの方は縛られていなくていいな〜と思う

こともありますが、私はDDと名乗るのは

ちょっと覚悟がいると思います😓

そもそもDDではないので…

女性って面倒だな〜ってこういう奴のことを

指すんですよ(笑)

 

あと、モンペ!

モンペの中でも強火組がいますよね(笑)

自担の方への愛がもの凄いです。

尊敬の域。

でも、私は一部のモンペの方に苦手意識を

持っているんです…すみません。

“自担の◯◯くんは♡♡♡なのに、

 △△くんには呆れる”という

ツイを見かけてからはちょっと……

他メンは比較対象じゃないんだよ〜って

思いました。

確かに…グループによっては呆れる行動をする

人がいるのかもしれませんが、そんなの“△△くんったら〜もう呆れちゃう〜!”で済ませりゃええねん派なんです。

人は誰でも遣らかすときは遣らかすんです。

本人次第の問題だし、ねえ?“この子はこういう性格だから許す〜♡”って開き直っている私は

ダメなんですかね?(ダメだろ)

最高に怒ってるときは“じゃあ貴方の自担様は完璧なんですか?そんなに完璧〜?凄いですね♡”

とリプ送りたくなってます。※同担との仲が上手くいかないことにコレが影響している。

 

で、話がぐしゃぐしゃになりましたが…

やっぱり担当制度って複雑です。

シンプルそうで私には複雑。難しい(笑)

今のところ、“推し”という枠を作り

担当大量発生問題を回避しています。

(担当まではいかないけど、眼中にあると言えばあるし、好きだと思う子が推し。)

ちなみに推しは5人だったかな…?

推し枠はかなりゆるゆるしています(笑)

 

 

それでどうなの?というところですが…

これからも“◯◯担です”と名乗り

続けるつもりです。

(相変わらず団扇やグッズは他メンも平気で買うし、大好き可愛い美しい連呼ババァは止まらないからよろしく〜!!!!)

 

 

 

 

 

 

 

初心って大事ですね


私の友人はジャニーズにハマったことがなかったそうですが、セクゾちゃんが初出場した紅白を見て勝利担になったそうです。
でも、彼女は現場経験がなく、とにかくコンサートに行きたいと言っており、そのチャンスが回ってきたのです。

はい。私と行くことになりました(笑)
私もまだまだ現場慣れしていないんですが…
友人の現場デビューを見届ける立場になりました(笑)
凄く嬉しいです!嬉しいんです!
友人が初SexyZoneを見てどんな反応を示すのか、凄く楽しみなんですよね〜♡

で、予習をしようという話に至り…
まずはセクセカを見たんですよ〜。
その反応が凄くて(笑)
「うおぉぉぉ!!!!!勝利くんカッコいい♡♡♡♡♡」って言ったんですよね(笑)
“私も最初はこうやって始まったのかもしれない”と思いました。
“彼女と同じ気持ちになってみたらどうだろう”
とふと思い付いたんです。
それを意識しながら鑑賞したら健人くんが超カッコよくてもうアイドルとして美しすぎて涙が溢れそうになりました。
自担に惚れたんです…(笑)
確かに健人くんには100回くらい惚れた覚えがあるんですけど、確実に惚れたんです。(自分でも何が言いたいのか分からない)

“自担に恋する感覚”が自分にはあるんですよ。
自担に恋?馬鹿じゃない?って思う方がいるのかもしれませんが、私にはあります。
健人くんが「テレビの向こう側にいる人に想いが届くように意識してる」って言っていて、私はこうやって心を奪われたんだな〜と感じました。彼が意識していたんですよ。それが見ている側にテレビの向こう側にいる人に届いたんですよ。
“あっ。中島健人くんカッコいいな。いいな〜♡”と思った瞬間が恋の始まり。

話があまりにも纏まらないので、戻します(笑)勝手ですみません。
「健人くん最高だよ!!!!最強だよ!!!!」と改めて思いました。
友人が「やっぱり健人って凄いよね!自分がファンからどう見えているのか自覚していて、それを意識してるから最高!」と最高の褒め言葉をさりげなく言ったんですよね(笑)
友人最高かよ!!!!
健人くん凄いんですよ…好きなんですよ…

本当は友人のために開いた鑑賞会が自分の学びの場になり、大満足でした。
友人に感謝。
初心に戻って自担を見てみると凄く楽しい、ワクワクドキドキが止まらない。
充実したヲタクライフを過ごすための必須事項なのかもしれません。

最後に…

健人くんがアイドルであることに感謝♡

以上です(笑)



とある保育学生の1日を丸裸にしてみた


twitterを漁っていたら、何とも興味深いタグを見つけたので、流行りに乗ってみました!


タイトル通り、私は保育学生、短大生です。


起床するのは 6:30

7:20までに支度を済ませます。

・朝食は欠かさず毎日食べています。

・普通の女の子ならお化粧に時間をかけますが、眉毛しかしません。すっぴんです!(化粧をしたら皮膚病を起こしてしまったので…治療中です)

・支度を早くしたい日は前日のうちに服選びをしています。

・支度をしている途中で弟を起こすように頼まれることがあります。(どうでも良い)


7:30を目安に家を出発。

・短大までは車で通っています。

・ちなみに免許を取って半年です(笑)

・車の中ではセクゾちゃん、JUMP、NEWS、ディズニーの曲を主に聴いています。

・セクゾちゃんのShout!!を朝一で聴くと凄く元気が出ます!

・毎朝、必ず二箇所で渋滞にハマり、退屈なので、渋滞ポイントではよく歌って運転してます。


8:20〜8:30に短大に到着。

・講義は9:00からなのですが、駐車場の確保が心配なので、早めに到着するようにしています。


午前中は9:00〜12:20まで講義。

昼休みはあっという間に終わります。

友達と先生の愚痴を言ってみたり、ガールズトークをしたり、ピアノの練習をする時もあります。あと、たまにやり忘れた課題を必死にやっています(笑)

午後の講義は13:00から。

月・水・金は16:10までで、

火・木は17:50まであります。

保育学科と言うとどんな勉強をするのか、

大体想像がつくと思いますが、少しだけ紹介します。

・保育に関する専門知識を身につけるための勉強をします。(ex.学校教育法児童福祉法などの法律の勉強)

・子どもの発達過程についての勉強をします。年齢によって遊び方が違うので、凄く面白いです(笑)

・音楽・絵画・体育の指導法を学び、実際に指導することもあります。

3つしか挙げなかったのですが、入学前とはイメージが違う部分があり、入学前の自分は保育という分野を甘く見ていたなと感じる日々を過ごしています。毎日がとても充実しています。高校時代は学校が大嫌いでしたが、今では大学に行くことが楽しいです(笑)好きな授業は音楽分野全般。音楽絡みの授業、大好きです(笑)音楽指導の先生に今日も会ってきましたが、先生が大好きです。自分も先生のようにピアノがすらすら弾け、素敵な笑顔で歌い、音楽の楽しさを子ども達に伝えられるようになりたいと思っています。(って、主旨ずれてない?)


で、月・水・金は大体17:00、火・木は19:00に帰宅します。

・実はバイトはやっていません!

・帰宅中に街中を車で走りながらウィークエンダーを聴くのが最高です(笑)


帰宅後〜夕食までの間

・休憩がてらにお菓子を食べる(笑)

・ピアノを弾く。

・お弁当箱を洗う(笑)

・部屋を掃除する


夕食、入浴後〜就寝までの間

・少クラを見る暇がある時は見る。

・ピアノを弾く。

・絵本を読む。(読み聞かせの練習込み)

・課題をやる。

twitterをやる。


24:30頃、就寝。



どうでしたか?(笑)

自分の1日をまとめてみましたが、ざっくりすぎて笑います。やはり、大学とは違い、短大なので、講義のコマ数は多いようですね。

平日はきっつきつな中で生きていますが、

休日は溜まった録画を消費し、家でまったりしているので、よく親に怒られています。こんな短大生になっちゃダメだよ、の代表入りする自信があります。


以上で終わりますが、

こんなにくだらないブログを見て頂き、

ありがとうございました。


今後も頑張ります(笑)



降りたいなんて言わないで…


タイトルはジャニタレになった気分で

書いてみました(笑)

初っ端からおふざけ。


実は今日、やっと元担GのCDを売ってきたんです。と言っても、実際は半分だけだったのですが…全部並べてみると凄いもんですよ!“あれっ?私ってこんなに買ってたんだ!?”ってなります。元担GのCDや雑誌を管理していて、圧倒的な量に驚かされました(笑)


で、私はそんな中で引っかかったことがあったんです。元担絡みのもの(CD、グッズ、雑誌等)を整理していて「こんなに買ってしまったんだ」と後悔するか、しないかで分かれそうだなと。そういうお前はどっちなんだと聞かれると、半分半分という所ですかね(笑)ちなみにグッズの中で最も必要がなかったのは“クリアファイル”でした。使うために買ったのに、やっぱり使えなくて。あと、使う用と保存用で2枚買っていたり、メンバー全員分買ったこともありましたね。これは明らかに無駄遣いですわ。そこから学んで今年は一枚もクリアファイル買ってないです…


話を戻します。で、元担のグッズなどを整理していて後悔をしていないというのは…今ではもう他人のようになってしまったけど、担当していた頃はもちろん彼らに夢中だったので、過去の自分が夢中になっていた証だったのだと捉えています。虜になっていた証。証なんですよ〜♡(そういえばそんな曲あったな)


で、色々考えてみて分かったのが担降りした後の処理の苦労でした。もう降りて2年目なのですが、まだまだ担当していた頃の痕跡があります。消せないですな。心に関しては言い方が可笑しいのですが、洗浄されました(笑)まっさらな気持ちで新たな担当と向き合いたくて心に関してはさっぱり!?時々、フォロワーさんと昔のことをふりかえってはいますが(笑)私のツイートを見ると「元担のこと恨んでるのかな?」と勘違いされがちな内容がありますが、そういうのはないです。ただ、降りた身、他者からの目から見たものを話しているだけです。担当していた頃に見えていなかったものが、降りてから沢山見えるようになりました。それが担降りからの大きな収穫でした。それまでは飽きたら辞めがちな人間でしたが、前回(つまり、去年)の担降りは自分のジャニヲタ人生にとって、革命だったのではないかと、感じています!担降りに良し・悪し、成功・失敗など存在しませんが、いい担降りが出来たと思っています。去年もこんな話をしたような気がしますが、それはそれで置いておいて。残りのグッズ片付けも頑張りますo( `ω´ )o

2014年〜振り返り〜

一年間お世話になりました。
と、いうことで2014年を振り返ってみます。

2014年で起きた大きい出来事は
やはり担降りと出戻りでした(笑)
担降りというワードが口癖になりました。
担降りって心の準備よりも、
残った元担くんのデータ、グッズ、雑誌を処理する
準備の方が大事です。
いざ担当でなくなると、寂しいものです。
元担を見るたびに“もう他人なんだ”って。
担当という名を背負わなくなった人を見て
“カッコいい”“可愛い”とも何とも思わなくなりますよ。
好きなのが当たり前だった存在が
そうでなくなることって大きいことなんだと
改めて感じることが出来ました。

担当っていう存在は本当に特別で大きな存在。
グループを本に例えるとその中の
主人公が担当なんです。
主人公(担当)の物語を追っていくのがファン。
ファンをやっていて、担当を追っている時の感覚が
好きな本の主人公を追っている時の感覚に
そっくりだと気づきました。
だから、その主人公がいなくなったら…って。
一度だけ主人公が本から消えちゃったことが
あって、その時のショックの大きさは
今でも忘れられません。
でも、主人公を恨む気持ちなんて一つもないし、
彼の決断は間違っていなかったと思います。

何事も運命によって左右されると
考えているんです。
話が変わりますが、セクゾちゃんの件もそうです。
マリちゃんが「運命だと思って受け止めてみたら
前向きになれた」と言っていて、
14歳なのに凄い子だなと驚きました。
その運命の風向きを良い方向に持ってこられるか、
これが勝負なんだと思っています。
逆に悪い方向になってしまったら、
それをどう改善して立ち直ることができるか?
私は考えた結果、
3人体制になったことは
逆にチャンスなのかもしれないと感じました。
ジュリー派はグループを強くしてくれ、
飯島派は個人を強くしてくれる。
これが根拠になりました。
3人体制になったことはグループとしてはピンチ。
でも、個人としてはチャンス。
だから、3人体制だからという理由で3人を否定して
しまうのは話が違うと思いました。
3人でやってみなきゃ分からないし、
私達ファンも見てみなきゃ分からない。
やってみなきゃ分からないという可能性に
かけてみたいと…
だから、風磨は可能性という言葉に
頼っていたのだと思います。

SexyZone。
彼らは個人としての成長がメインで楽しみに
なるんじゃないかと思っています。
そして、5人集まった時にどんなものを
魅せてくれるのか?
これも凄く楽しみです。
個人として他のメンバーには絶対に負けないものを
身につけた5人の姿を見ることが楽しみです。

Hey!Say!JUMP
某バラエティー番組ではグループとしての
結束力と強さを魅せてくれました。
私はそんな彼らを見て泣いてしまいました。
歌番組では毎回、カッコいいダンスを
魅せてくれて…感謝感謝でした(笑)
こんなにカッコいいグループを応援出来て
私は幸せ者だと感じました。
来年も素敵なパフォーマンスに期待しています。


健人くんと裕翔くんの話をすると
本当に長くなるので(笑)
全く一年間のまとめにならず、
ヲタク論みたいになりましたが…
自分でも何を言っているのだか分かりません(笑)
が、ここで終わりとします。

2014年お世話になったジャニタレさん、
フォロワーの皆さん、
本当に本当にありがとうございました。
今は暇人のようですが、
今年はとても忙しい一年でした。
現場に行けなかったのですが、
一応受験生だったことが理由です。
11月に合格発表があり…。
来年はもっと忙しくなりそうですが、
現場に行ければいいな~なんて。
茶の間でも楽しいので(涙)
あと、来年はもっと語彙力を身につけ、
しっかりお話が出来るようになりたいです。


そして、2015年もよろしくお願いします♡