明るくのんびりと

twitter→@furapisunakaji

またここで君と逢えた

 

毎回ブログを書く度に自分の首をしめているのは分かってるんだけど、書いちゃった(笑)

 

 

私は嵐が休止に入る発表があったとき、舞浜にいて、ちょうどカリブの海賊に乗るところでした(笑)

見たときに一つも事実を受け止められなかったし、信じられかったし、夢の国にいるからこれも夢なんじゃないかとか。

そのあとは休止のこともさほど触れずに、しれっと過ごしていました。

でも、6月30日のワクワク学校に当選して、行くことになってから嵐について考えるようになりました。

 

 

以前もワクワク学校に入ったことがあったけど、今回のは本当に特別なもので。今までの嵐の出来事を振り返りながら授業をして、昔の映像や写真がたくさん出てきました。もうなんか、全てが懐かしくて、翔くんの授業で写真が流れる度に涙目になってた(笑)

 

 

ここにきて自分が思っていた以上に彼らのことが大好きなんだなって、気付きました。

私は5年前に嵐のファンを辞めたけれど、彼らの作りたいものと私の好みが一致しなかっただけで、5人が嫌いになっただとか、冷めたからではなかった。

 

今の私は嵐がお休みに入るまで、嵐に寄り添っていないとお休みに入ったときに寂しくなりそうで。彼らがお休みに入るまで、嵐と一緒に楽しんでいたいなって思って。

5人のことを前向きな気持ちで、笑顔で背中を押してあげて、安心してお休みに入ってほしいなっていう気持ちが強い。

遠くで見守るのも楽しいけど、やっぱり側で見守りたいなって思う。

 

失ってからじゃ遅いって、このことで…でも、まだ失ってはいないから間に合った。というか、嵐がちゃんとファンに悲しい思いをさせないように心の準備とか、色んな準備ができるように時間を与えてくれて、ほんと…最高の5人だなって思う。私の誇り。これからも。

 

 

 

まさか、こんな形でまたファンに戻るだなんて思っていなかったから、自分が一番驚いてる。

5人の味方で在りたいと、思う。

 

 

だから何?って話

裕翔くんお誕生日おめでとうございました‼️

ってことで、こんな内容続けるの申し訳ない…

 

 

最近の私はすっかり山田担としてしか機能しついなくて、JUMPのファンとしては動けていません。

 

 

ドル誌だったか何かの雑誌で、やまちゃんが7人と対立したことがあるか、というような内容の質問の答えに失望しました…

具体的な内容としては、JUMPの現状についての話し合いになり、やまちゃんは「上を目指すべき」7人は「現状維持したい」と意見が分かれたそうです。

これ知ったとき、言葉が出ませんでした。

私は去年からキンプリのデビューを受けてさらにJUMPに危機感を持って欲しいと、思って祈ってきました。

本人たちも見え見えな現状に気づくと思っていました。

はぁ〜…これはないよ…

 

友人(他Gのファン)にこのことを話しても、みんな「これは…」って言葉が出てこなくて(笑)

あと、「こんな話しちゃう山田くんも山田くんでしょ?言っちゃいけないやつじゃん。」って他から見たら思うよね(笑)分かる(笑)

でも、やまちゃんは包み隠さず言わないと気が済まないというか、ファンに全て受け止めてほしいと思ってるから…彼なりの優しさ故の発言だったと思います♡(隠しきれないハート…)

 

 

私はちゃんとJUMPのこと応援していたかったし、頑張ってきたつもりだったけど、真面目なファンが損する羽目になってる場に遭遇して辛かった。

それに今回の件により、やる気の有無がはっきりと分かった。

現状維持も大事だけどね、今の状態で維持っていう考えに至るのが甘い気がしてしまう。

私はきっとどこかでJUMPにちゃんと売れて欲しい(2016の波再びみたいな)と思っていたんだなって。

でも、無理ならそんなこと考えないんですよ。

彼らならできるって、信じたい気持ちがあったんですよ。

それ裏切られることが度々起きると、そりゃ懲りますよね?…

 

 

側から見て思う「JUMPは山田涼介しか頑張っていない」というのが事実だったのか〜ってめちゃくちゃ悲しくなった。

今年はみんな舞台に出て忙しくしていたから頑張っていたのは確かだけど、そういうことからじゃないような気もして…

考えるだけ時間の無駄だからJUMPが売れることに関しては考えないようにします。

 

使える!コスメたち

 

 

新年一発目ブログになります。

今年もよろしくお願い致します!

 

実は、去年の後半からメイクへの熱量が変わりまして…🇰🇷コスメにも手を出すようになりました。

いや、🇰🇷コスメ最高なんですよ!!!!!

日本のよりも色が優しい(色素薄い)から

アイシャドウは特に、重たい印象にならなくて最高。

パケも可愛いのが多いし、よくディズニーとコラボしてくれる(笑)

一番よく使っているのがエチュードですね。

日本にもお店があるので、そこで実物見て買う。

🇰🇷コスメはQoo10で買うんですけど、やっぱり実物を見るのが一番だなって思ってエチュードに関してはお店に出向いて買っちゃう。

店員さんのメイクもよく見ちゃうんだけど、みんな可愛いんですよね。

 

 

実は去年購入したコスメをまとめて

紹介したかったのですが、

まさかの50個あった上に

年の瀬に間に合いませんでした💦

実物がこちら(笑)

f:id:j28:20190114134936j:image

整理し直しました。

f:id:j28:20190114135048j:image

 

という訳で、

私が使っていて有能だと思うコスメを

紹介していきたいと思います。

(ここから先読みにくくなります。写真大きく出ます。すみません。)

 

☆マスカラ編☆

・ペリペラ インクカラー

f:id:j28:20190118225615j:image

 

ブラックマスカラだと重たくなってしまう悩みがあり、購入。左から2号、5号、9号になります。キープ力が凄いのと、ダマになりにくい。一番使いやすいのは2号。さり気ないブラウンなのが良い💕一見ナチュラルなブラックに見えてよく見てみるとブラウンなんですよ。5号はめっちゃオレンジみがあるブラウン。オレンジメイクとの相性抜群。9号は秋の新作のピンクブラウン、一番かわいい😂💗ピンクブラウンのメイク大好きなので、たまらんです。

 

 

☆アイシャドウ編☆

エチュードハウス ルックアットマイアイズ

先ほどのペリペラインクの左に写りこんでいるやつです(笑)このシリーズには3タイプあって、このタイプはラメが入ってキラキラしています。エチュードのアイシャドウは発色と持ちが良い。上のOR205がとにかくお気に入りで、はっきりとしたオレンジ色で可愛い🧡下の色はOR208なんだけど、これがまた万能。少し控えめに下まぶたに色を入れたいときにさり気なくキラキラさせておく。

 

・インテグレートトリプルレシピアイズRD516

f:id:j28:20190114144636j:image

限定発売のもの。すでに買い足したい(笑)どうしてもピンク系ってブルベ向けに感じてしまうんですけど、これに関してはイエベ向き!だいたい私は単色アイシャドウを組み合わせてグラデを作るんですけど、これに関してはフル使いすれば完成しちゃう✨左上2つと右上でグラデ、左下は二重幅の間に、右下は涙袋に。右下のキラキラが可愛いです。この際に気付いたんですけど、2色展開で限定発売されるときってちゃんとイエベとブルベ向けに作られているんですよね😂だから、明らかにブルベじゃんと思ったら私の場合は反対の色を買えばいい。

 

 

☆チーク編☆

キャンメイク パウダーチークス PW41

f:id:j28:20190118231050j:image

最近よくCMや駅の広告で見かけませんか?!そうです。新色のアンティークローズでございます✨発売前、情報解禁されたときから買うと決めていて、私の理想的なチークでした。がっつりチークを塗って頑張ってる感を出したくないのと、あまりにも女々しくなるのが嫌なんですよね…このチークはマットで控えめな発色なので、頬の血色を良くする程度でチークを必要とする人、おすすめです。

 

 

☆アイブロウ編☆

エチュードハウス ドローイングアイブロウペンシル

f:id:j28:20190118232552j:image

まず、価格を言います。310円。

昨年末のHey!Say!JUMPのライブに入るにあたり、絶対に眉毛だけは何とか、自分の中で革命起こさなきゃと決めていたんですね(笑)高校時代に眉毛いじってないのに呼び出しくらう人間だった…理不尽な世の中を知った…(笑)でも、本当の本当に眉毛に対してこだわりは無くて。それまではセザンヌのパウダータイプのアイブロウ使ってました。で、エチュードに行ったらこんなに素晴らしい価格のがあったので、試しに購入。これで眉毛の枠線を引いて、次に紹介する物で塗り潰す感じで描いてあげたら眉毛が綺麗になりました。簡単だった。あと、ブラシがついてるから便利👏

 

・ヘビーローテション 眉マスカラ(ナチュラルブラウン)

f:id:j28:20190118234056j:image

口コミだとかコスメのサイトやらで見かけたことがあり、購入。ちゃんと1日持つし、優しい感じのふんわりとした眉毛が作れる。カラバリが多いのも良い。リピ決定👍

 

 

☆リップ編☆

やりたかったんだけど、リップありすぎて厳選できないので、ひたすらリップを語るブログを後々書きます(笑)案外、リップで外れたことがなくて…😅みんな好き!(DDじゃん)

 

 

☆パウダー編☆

資生堂 ベビーパウダー

f:id:j28:20190119093545j:image

固形タイプだから粉にむせることなく塗れて最高。以前はむせてた。(付けすぎや…)ベビーパウダーの香り好きだけど、あまり匂いすぎると😅だから、ほとんどしないから良い。

 

ここでいきなりですが、私が実際やっているベビーパウダーの使い方がこちらになります。

こんな無難なものが、まさかこんなに効力があるとは思っていませんでした。

①汗疹対策

ベビーパウダーを塗った部分は1日中、おかしいくらいベタつかないので、肘や膝裏に塗っています。

②フィニッシュパウダーとして使う

セザンヌのパウダー大好き芸人、ベビーパウダーで毛穴が埋まることを知りました。しかも、肌のトーンが明るくなるので最高。

③おでこに塗る

汗をかくとおでこに短い前髪がはりついてしまう(致命的な)のですが、ベビーパウダーを塗るとおでこサラサラで髪がくっつく恐れなしです。

④アイシャドウのヨレを防ぐ

キャンメイクのクリームタイプのアイシャドウが大好きなのですが、なんと、ヨレやすくてですね…特に夏なんて、他のアイシャドウでも汗で落ちるじゃないですか😂だから、アイシャドウ塗った上にベビーパウダーをポンポンしてあげると良いです。

⑤メイクブラシの汚れを落とす
ベビーパウダーをメイクブラシにつけます。メイクブラシについた粉をウェットティッシュで拭くか、洗って落とすと、汚れが落ちます。ちなみに安いブラシだと落ちませんでした💦

 

 

セザンヌ UVシルクカバーパウダー

 f:id:j28:20190119000709j:image

まだ発売したばかり、新作です!これも情報が解禁されてから買うと決めていました。前回のコスメブログではUVクリアフェイスパウダーを紹介しましたが、それのマットタイプ。粉っぽさが全くなく、肌に密着してくれる。カバー力もクリアフェイスパウダーよりある。あちらはSPF28でこちらはSPF50だから、こっちに担降りしようと思ってる😗

 

☆スキンケア編☆

・無印 導入化粧液

f:id:j28:20190119001737j:image

話題になったやつです。朝は時間がないし、何せ寝ぼけていて何もできないから夜だけこれ付けてから化粧水を塗っています。これを塗った後に化粧水を塗ってあげると、肌が化粧水を飲んでいるんじゃないかと思うレベルで肌の質感がしっとりするんです。初めて使ったときの肌質の変化、びっくりしました。化粧水がしっかり肌に浸透する。

 

・無印 クリアケア化粧水

f:id:j28:20190119001845j:image

敏感肌シリーズ愛用者ですが、こちらが気になったのでとりあえず携帯用を購入。クリアケアシリーズはニキビだとか、皮脂が気になる人向きでして…私はずっといちご鼻に悩まされ、とにかく鼻が汚くて、気になるレベルじゃ済まなかった。で、これを鼻だけに使っているんだけど、使って1日で毛穴が閉まったんです。信じられない。日に日に毛穴が目立たなくなっていきました。柑橘系の香りがするし、付けた後にスースーするので、夏に使うとさらに気持ち良さそう!

 

 

☆まつ毛ケア編☆

・ヒロインメイク スピーディーマスカラリムーバー

f:id:j28:20190119003227j:image

メイク落としはもちろんラチェスカを使っているのですが、マスカラが落ちなくて落ちなくて😭ラチェスカもそこは開き直ってマスカラ専用クレンジング出しているんだけどね、開き直らないでよ(笑)で、これを塗ると瞬きしただけでマスカラが落ちてくるレベルで、凄い。これを塗った上にラチェスカでサッと落とすんですね!無理矢理ゴシゴシしてしまうとまつ毛によくないから、これは本気でおすすめします。

 

スカルプD ボーテ

ピュアフリーアイラッシュセラム

f:id:j28:20190119003902j:image

有名なまつ毛美容液✨私のまつ毛美容液の担歴としては、セザンヌ→DHC→スカルプDでして、DHCも結構伸びました!でも、これに変えたらさらにまつ毛1本1本がしっかりするようになって、ビューラーでやるときに上がりやすくなった。あと、まつ毛が抜けにくくなった。

 

 

 

という訳で、今回はこのようなラインナップでやらせて頂きました。

が、、、、クレンジング編をやるとするならラチェスカにしておきましょう!!!!

f:id:j28:20190119004524j:image

昨年のドームツアー(12/28東京公演)でのMCにて、やまちゃんが「顔洗ってますか〜っ?メイク落としてますか〜っ?メイク落とさないと肌に悪いですよ〜っ!」と必死にラチェスカの宣伝していて大爆笑しましたが、この顔面にメイク云々言われたら説得力が尋常じゃないよね!最高!

 

 

リップ編やらないと言いましたが、とりあえず1つ…RMKの新作リップ。最高です。各所で自慢してる😉✨

https://mobile.twitter.com/furapisunakaji/status/1085857383748751360

 

 

 

完全な余談ですが、やまちゃんの顔面と美容事情についてのブログも書けたら書きたいと思っています♡

 

(ちなみにパウダー編で山田涼介の肌になれる粉をやらないんかーいって突っ込みくらうだろうけど、まだ入手していません💦悩み中…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、光り輝く場所で。

 

まず、もの凄く個人的な話をします。

山田担に戻って1年が経ちました。

いやぁ…(笑)
JUMPちゃんに関しては出たり入ったりを繰り返していたので、“そっか!去年ファンに戻ったのか!”ってなりました(笑)

 

山田担から始まったジャニオタ人生も10年を迎え、

11年目に入りました。

わーお!(棒読み)

毎回ブログに書いてる気がするんですけど、

やまちゃん(山田くん)って飽きないんですよね(笑)

顔が良くて、可愛くて、カッコよくて、面白くて、見ていて楽しくて。目が離せない。

最高の自担だなぁ、この人のファンでいることができて幸せだなぁって(たぶん)毎日思っています♡♡♡♡♡

クリスマスが近づいてきたせいで(←言い方💦)

スノードームを見かける度に“欲しいな!”よりも“やまちゃん今年は(スノードーム)作るかな?”って思いながらスノードーム眺めてます。←頭可笑しい

何かするとき、必ずやまちゃんか有岡くんのこと考えてますね…(有岡くんはリアコ枠なので♡←だから、頭可笑しいってば)

48総選挙のとき、友人に「ジャニーズ総選挙あったら山田涼介1位にしたい。1位にしたすぎる。私、やまちゃんに1位取らせたい!」と大真面目に言っていたんですけど、頭がだいぶ…心配になるやつだ…絶対こういう人と友だちになりたくない。

 

 

今年はJUMPちゃんに限らず、

ジャニーズ全体が忙しい年でしたね。

濃かったな…

たくさん泣いた気がします。
JUMPちゃんには嬉し涙も流させてもらったよ♡

圭人元気かな?…

「圭人、アメリカで美味しいご飯いっぱい食べてそう〜!」と8人(JUMPちゃん)がキャーキャー言ってた画、可愛かったな。

 

 

今年もいよいよ終わりに近づき、

もう何も起こらないだろうと思い、

後は年を越すのみだとほっとしていた矢先に

SexyZoneの松島聡くんの活動休止の

お知らせが入りました。

 

お知らせを目にしたとき、

ショックすぎて何も言葉が出なかった。

火曜のヒルナンデスに勝利と出演予定だったのが、変更されたことは知っていましたが、まさか、そんな…一時的な風邪とかだと思っていました。

 

私は正式な言い方をすると、

去年の11月まで聡ちゃん担でした。

自分の中では現在もファンでなくなったとは思っておらず、陰ながらバラエティーや雑誌で見かけると保存するなどし、応援しています。

今も変わらず聡ちゃんが好きです。

見る方によっては“はぁ?何言ってんだコイツ?クソか?(←言葉遣い💦)冒頭で山田好きって言ったやん。”ってなると思いますが!(笑)

 

で、本題に戻りますと…

読んだ記事によれば聡ちゃんはパニック障害の自覚は無かったと。

実は私も去年(去年の話が多いなオイ…)

適応障害と診断され、半年間休んでいました。

聡ちゃんの気持ちが完全に分かるという訳ではありませんが、私も職場に向かう際に吐き気が止まらなかったり、呼吸が荒くなったりしていました。

現在も「つらい」と連呼していますが、

職場を変えたので、何とかやっていけてます✌️

(私の場合は環境を変えれば治る。)

病気自体は去年発覚しましたが、

医師に詳しく(今までの生活についての)話を聞いてもらったら、実は高校時代から症状が出ていたようでした。

 

聡ちゃんも去年から…と記事にありましたが、頭ではこうしないといけないと分かっていても、身体が言うことを聞かないというか、ついてきてくれないんですよね。

分かる…分かるよ、聡ちゃん…苦しいよね…

 

風磨が話していたように、十分にゆっくりでいいから、聡ちゃんが完全に元気になるまで休んで欲しいなって思います。

セクゾは絶対売れるし、“こんな大事な人気が上がってきている中で…”ってなるかもしれないけど、大事な時期だからこそ、ちゃんと休んで治して欲しいなって思います。

 

 

“松島担じゃない奴が!外野が!何言っとんねん!”と言われるかもしれないし、外野の私が力になることはできないかもしれないけど…

 

聡ちゃんのこと、待ちたいと思います。

 

聡ちゃんのキラキラの笑顔を

また見られますように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なものほど実は脆い

‪昨日、電車に乗りながら眠すぎて気持ち悪くなって寝た。

でも、JUMPの曲流していたおかげで安らかに眠れていた。

ちょうどやまちゃんのパートで目が覚めた。

一番好きな声。とても安心する声。

自分の脳のメカニズムって単純だなって思った。

好きなものがあればこんなにリラックスできるものなんだなって。‬

‪でも、これが崩れたら一瞬で終わるんだろうなと思う。

JUMP・ジャニ界隈で最近、色々なことがあって、ずっと彼らがアイドルでいてくれる、永遠がないことを考えさせられている。

そんなこと前から分かってるつもりだったけど、分かってないんだなって。

受け止めたくないんだなって。‬

 

7月8日の関ジャムを見てから毎日、関ジャムを再生してから寝るようになっていた。

圭人が留学する前に一度、9人で締めくくってから彼を送り出すのだろうか、いつが留学前最後の9人を見る日になるのだろうか、考えていた。

すばるくんと重ね合わせて考えるのは違うということは分かっている。

 

圭人の留学のことを知った週、

具合が悪くなった。

その週末に熱がありながらも1日働き、

飲み会にも行き…具合悪すぎて泣いた(笑)

自分でもまさかとは思っていたけど、

だいぶ心がやられていたらしい。

 

 

実は幼馴染が圭人担で、そもそも他人事ではないけど、他人事じゃないなと思った。

でも、幼馴染は私が思っていたよりも「寂しい」と言いながらも、ケロっとしていた。

そんな彼女を目にし、思わず“何か違くない?”とモヤモヤしてしまった。

 

山田担だけど、それなりに思うことはある。

 

留学を知らせる動画でのやまちゃんの表情にせよ、やまぺにせよ、何だかやまちゃんらしいなと思って見ていた。

意志が強くて、芯がしっかりしている彼だからこそ、納得がいかなかったのだろうし…

圭人のことが好きなのはもちろんで。

あくまで私が思うことだし、やまちゃんが考えていることなんて分からない。

でも、やまちゃんは圭人に対して諦めたくなかったし、諦めて欲しくなかったのだと思う。

今まで通りの環境(Hey!Say!JUMPにいる)中で圭人が活躍する日が来て欲しかったんじゃないかな。

わざわざ海外に行って勉強して、

今まで日本でできなかったことをできるようになるって大きな挑戦な訳で…

それなりに責任が伴ってくる訳で…

もちろん圭人はそれを分かった上で行くんだろうけど、あまりにも話が漠然としているというか…納得いかない。

私ごときが何言ってんだよって話だけど。

 

 

圭人に対して働きかけてきた、

圭人の居場所を作ってきたメンバーのことを

彼はどう思っているのかなと。

もしかしたら、やたらアドバイスをしてくるやまちゃんに対してお節介だと思っていたのかな?

(でも、脱線するけど、相手の為ならと、自ら鬼になってでも、力になろうとするやまちゃん、好きだなって思う。)

今年のカレンダー、今の圭人に向けてのメッセージに裕翔くんが“圭人が活躍できるような環境を作ってあげたい”(ニュアンスだけど)と言っていた。

私は特にやまちゃんと裕翔くんの様子しかはっきり分からないけど、他のメンバーにだってこういう気持ちはあったことに違いはなくて。

メンバーは圭人に対して、見返りを求めて行動を起こしていた訳ではなくて、自然とそういう行動に出られて…

彼らにとってはメンバーに尽くすことは、当たり前のことだったんだよ。

圭人はこんなにも恵まれた環境にいるんだよ。

羨ましいよ。

今回の件で一番に感じたのが、この点だった。

圭人はメンバーの想いを受け止めていなかったのかなと。

 

 

圭人には圭人なりの考えがあって、

考えて考えた末でこの形になったって…

意味が分からん。

私は圭人担じゃないし、圭人じゃないし。

だから、圭人に対して“待ってるね!”だとか、“頑張れ!”だなんて言葉をかけられない。

圭人も無責任だけど、こんな言葉をかけたら私も無責任になってしまう。

 

“圭人に戻ってきてほしいか?”と尋ねられたら一択。

戻ってきてほしい。

龍が抜けた(正式には発表されなかったけど)ことを忘れることはなくて。

何ならI/Oでふと“10人で10周年迎えられれば、もっともっと綺麗だったな”って思ってしまった私です。

Hey!Say!JUMPから誰かが抜けるだなんて、

二度と考えたくなかった。

すっかり油断して、当たり前であることに頼っていたんだなとも思った。

「仕方がない」って便利な一言で片付けられる、受け止められるものなら、そうしたい。

でも、できない。大好きだから。

自分勝手なファンだなと思うけど、

本人たちには迷惑かけてないでしょ?(笑)

 

 

“もし、圭人担の立場だったら”と考えてみたけど、私なら他のメンバーに降りて、圭人が帰ってきたら圭人のファンに戻るのかもなと思った。でも、実際はそんな容易にはいかないと思う。

そう考えてみて、圭人担が可哀想だと思ってしまった。

幼馴染が裕翔くんも好きなので、「2年間は裕翔くんを応援したら?…」と提案してみたけど、「それでも、圭人が一番好きだから…」と言われた。

“私、なんてこと言ってしまったんだろう”って後悔したよね。

圭人に対して、“自分のファン大事にしてあげてよ…”って思った。

やまちゃんを見習いなよ…

一番近くに良いお手本がいるのに、何で何で…って。

色々な気持ちでごちゃごちゃしてしまうので、今日はここで締めます。

 

 

これからの2年、

圭人に対してノータッチになると思う。

供給がないからだけではなくて、

目の前で応援を必要としている8人がいるから彼らを優先する。

でも、2年で圭人がいないHey!Say!JUMPに慣れることはないと思ってる。

 

話が戻るけど、“頑張れ!”だとか“待ってるね!”と前向きに背中を押してあげることはできない。

2年経ってみないと、分からない。

 

何も言いたくないけど、1つだけ。

 

 

もし、戻ってくることができたら

またHey!Say!7で「ただ前へ」を歌って欲しい。

 

 

 

夢はみんなで追う方が楽しい

今日挙げたブログの続きのような感じです。

やまちゃんをメインに考えて見てみた

Hey!Say!JUMPについてです。

 

未だにやまちゃんが自分をきっかけにJUMPのファンになるルートを思い込んでいる。

もしかしたら、気づいているが、気づいていないフリをしているのかもしれない。

もう山田涼介はだいぶ世間に知れ渡っているからやまちゃん云々の問題ではないと、伝えたい。伝えられないからもどかしさを感じるんだけれども。

自ら背負いたがるな、と思う。

“彼をこのようにさせているのは?!…”と考えてしまうが、本人は背負っている自覚は無く、むしろこれがセンターとして当然のことだと捉えている。

そんな自分に対して彼は「俺も自分のこと面倒だと思うけど、(ファンには)ついてきてほしい。」と言っていた。

分かっているんだ…って思ったし、性格なんだと思う。

こっちが心配していることをお見通しなやまちゃんが凄く好きだし、すぐ「心配しないでね!」ってやまぺやらやまジャンやらで(首の件・ベスアドッキリの件)言ってくるし…くすぐったくなる。

 

 

友人と“JUMPが売れるためには?”という話題になり、結論が「あれ?JUMPって山田涼介についていってるだけやん?」だった(笑)

1つも笑えないから!!!!

最近の例だと、去年、I/Oの振付をやまちゃんが考えたけど、“これ、やってみようかな?”と挑戦してみたり、意欲を示してみたりする人があまりにも居なすぎる。

9人もいるのに、勿体無い。

いや、大真面目にJUMPは山田涼介のためのグループじゃないんだよ?ちゃんと9人いるんだよ。

 

私が考える山田涼介の話だし、本当のやまちゃんのことは知らないが、モノ作りをする上で「一緒に作ろうよ〜!」って感じではない。

協調性がない、自分勝手とはまた違って、人に頼りたがらない人なんだと思う。単なる私の見解だけどね。

昔よりも(ソロデビューがきっかけかな?)頼もしくなった反面、メンバーに迷惑をかけられまいと、センターとしての責任感が強くなったのかもしれないと思っている。

ゆとやま厨なので、つい裕翔くん出したがりになってしまうけど…裕翔くんはやまちゃんに対して「自分勝手なところがある」「たまには俺のことも頼ってね!」と言っていた。よく分かってるやん、中島裕翔さん…って誰やねんって感じだが、思った。さすがゆとやま。じゃなくて!浮かれてしまった(笑)

裕翔くんみたいにやまちゃんのこと分かってくれているメンバーがいるんだから、頼ってあげて欲しいなと思う。やまちゃんもやまちゃんで悪いところがあると…思うのです(笑)

明らかに無理をしているのに、その度合いが分からずに頑張り続けてしまうところがあるやまちゃんが心配なので(笑)

 

 

元ジャニオタ母はやまちゃん好きではないんだけど、「JUMPって山田涼介しか活躍してないよね?伊野尾くんも出てるけどさ!活躍してるのは1人だよね?」と言っていた。

いやいや、ヒルナンデスだって…って言い返そうと思ったけど、言い返せなかった。

これが世間のイメージなのかな、と思った。

 

過去のブログに“やまちゃんと伊野尾さんで迷った”と書いたが、面食いの意味でいのやまで迷っていた過去がある(笑)

2015の伊野尾革命が本当に嬉しかった。

やまちゃん以外のメンバーが売れる喜びってこんなのなんだって思ったし、「今頃、伊野尾さんに気付く世間が遅いから💢」って怒ってた(笑)

というか、何より、伊野尾革命を山田涼介が喜んでた!!!!!

(全く“山田涼介を喜ばせるために他のメンバー売れて?”という意味ではない。)

この体験ができる機会があと7回も残っていると考えたら、可能性がたくさんあるってことだし、楽しみでしかない。

だから、9人全員が売れることは難しいけど、とにかくグループとしてはどうすべきなのか、それだけは何とかして欲しい…

 

気持ちが荒々しくなりすぎて、気付いたらこんなツイートをしていた。

「私は根っからのジャニオタだから自担以外のメンバーの話をする。でも、中には自担しか見ていないファンもいる。グループというか、山田涼介のファン。すごくよく気持ちが分かる。これ以上周りのやる気が見えないようなら、山田涼介と他のメンバーって捉え方になっちゃうかもしれない。根っからのジャニオタ的には9人のファンでいたいのです💢」

 

 

JUMPちゃんに対してモヤモヤすることなんてないと思っていたけど、実はあったことに恐ろしさを感じた。でも、吐いたらすっきりした(笑)

今の9人を見て思うこと

最近のTLがキンプリデビュー祝福ムードで、

キンプリのファンでない私も幸せを分けてもらい、

アイドルの凄さを改めて感じています。

 

Hey!Say!JUMPのファンに戻り、半年が経ちました。

先日、宮城プロジェクトの会見があり、

無事に終わりました。

“今のHey!Say!JUMPは干されているのでは?”という話を聞きますが、私はそうは思っていません。

売れる波に乗れるときは乗れるし、乗れないときは乗れないことがあって当然だと思っています。

ずっとがっつりファンをやってきた訳ではないけど、

彼らの活動を約10年見てきた。

(別に偉いことでも自慢することでもない。)

その中で最も勢いを感じた・売れていることを実感したのは2015年下半期から2016年。

2015年の伊野尾革命から良い波がきた。

当時は好めなかった「真剣SUNSHINE」

売れるため、世間受けするための曲調が苦手だった。

今は慣れたけど(笑)

 

 

私はとてつもなく面倒臭い人間なので、

売れて欲しいが、爆発的に売れてしまうと嫌になるタイプです。

はっきり言うと、国民的アイドルにはなってほしくない。

国民的アイドルのファンはそれはそれで大変。

グループとしてだけではなく、個々の仕事もたくさん入ってきます。

でも、国民的アイドルのメディア露出の多さに対して、彼らが安売りされている気がしてならなかった。

あと、ジャニーズというか、これじゃ普通のタレント扱いじゃないかと思っていた。

(24TV、紅白で重役になりがちだったのも嫌だった。この2番組、苦手。)

ジャニーズだからこそできる仕事しか

求めていなかった。

 

2016年の2月頃(FTT発売時)にJUMPちゃん

大ヒット予想を立てたら大ヒットしたので、

一旦ファンを休むことにした。

(国民的アイドルになるんじゃないかと…)

対して、当時掛け持ちしていたSexyZoneは

売れる前兆がなかったため、安心してまったりとファンをやっていた。

でも、その状況が変わったのが去年の秋。

「ぎゅっと」が出た頃。

セクゾはまだまだだと思っていたので、驚いた。

言われてみれば確かに、

国民的アイドルの法則(5人)だった。

あっさりと納得してしまった。

これだと来年から這い上がって、

24TVやりそうだなと…先走った。

(ジャニオタの勘)

一方、JUMPは10thで盛り上がっていたし、

自分の中でももうタイミングかなと思い、

JUMPファンに復帰した。

同時にセクゾのファンを辞めることにした。

「いや、お前、どんな基準でファンやってんねん!」と突っ込まれて当然だと思う(笑)

 

私は好き云々よりもグループの方針・進む方向が自分の気持ちと一致しないと嫌で…

むしろ、メンバーを好めなくなってファンを辞めたことはない。

こちらがこういう売り方をして欲しいと願望を持っても、あちら(J事務所)がその通りにしてくれるはずがない。

本人たちが「こうしたい!売れたい!」とどんどん前に出してくれるグループなら話は別。

 

そう考えると、もうJUMPは10thを過ぎたので、自分たちのやりたいことを前面的に出していい頃なのだと感じている。

日頃、「JUMPちゃん可愛い♡大好き♡」脳だが、

思っていること、考えていることはある。

「文句あるならオタク辞めろ」脳だから思っていても、なかなか言いたくなくて留めていた。

売れる売れないでこだわるジャニオタスタイルに疲れたからJUMPのオタクに戻った部分があるし、自担は売れる気があるし、個人で力があるからそれで満足しちゃってる。

オタクとしてのモチベはかなり下がってる。

期待すればするほど自分の願望を押し付けてしまう。

大好きな人たちに文句ばかり言うのは嫌。

あと、“このグループは何年目に○○をした”というデータが自分の中にあり、前例を押し付けるのは違うと思った。

でも、あえて言うと心当たりがあるのはNEWS。

「HappyBirthday」を出していた頃、

嵐とほぼ同時期にヒットしていたと思っている。

期間としては2〜3年だった。

ちなみにNEWSもKOSEのCMをやっていた(笑)

 

 

先日、友人とのやりとりで

「JUMPは売れる気の有無が分からない。」

と言われた。

他のグループのファンにも伝わっているのが

まずいと思ったし、ショックだった。

JUMPのことを良い意味でエリート集団だと

思っているところがある。

だから、流れに身を任せて“自分たちが”と

いう姿勢がなかなか外に出ないのだとも

思っている。

デビューしたのが若かったから、

昔はそれでも良かったし、仕方がなかった。

謙虚だという捉え方ももちろんある。

 

 

贔屓のようになるが、グループ全体のことをしっかり考えているのはやまちゃんと薮くんだけだと思っている。

薮くんは視野が広くて、やっぱり最年長としての物の見方が強いからなのかもしれない。

WLの面接でも、正直、売れたい気持ちが

あまり伝わってこなかった。

 

「JUMPちゃん、こんなもんなのか…」と。

山田担としては、やまちゃんが必死にグループとして売れようとしているのに、それが周りに伝わっていないのか、グループに上手く還元されていないなと思ってしまう。

やまちゃんは「常にHey!Say!JUMPの山田涼介として仕事をやっている」と話していた。

でも、彼は個人としての実力があるから

“Hey!Say!JUMP”って名称は捨てようと思えば

捨てることができる。

それでもやまちゃんは捨てないし、ソロデビューしたときに逆に捨てられなくて悩んで、事務所を辞めることまで考えていた。

私はとてつもなく山田涼介は良い人だと思う。

だから、彼が大好きだし、応援したいと思える。

 

 

Hey!Say!JUMPの魅力は良くも悪くも変わらずに、有りのままでいてくれること。

絶対、どのグループにも本人たちとファンが

頑張らないといけない時期がある。

今のところJUMPは龍太郎が抜けたときくらいしか心当たりがない。

売れたいが為、生き残る為に尽くす機会があまりにも少なかった。

それはそれとして、問題が少なかった訳だから良かったと思っている。

でも、それが今になってマイナス面に出てきている。

大体、7〜8年目でブレイクの波がくるのが

私が今まで見てきたジャニーズの法則。

その後は力量次第。

本人たちは悩んでいるのかもしれないけど、

悩んでいる素ぶりは感じられない。

友人が良いワードをくれたのだが、「それぞれがいつもの役割を担っている。」現状維持が第一って感じがもの凄くする。

大事なことだけどね。

 

 

それぞれのグループが極めるべきことが必ずある。

武器がある。

Hey!Say!JUMPの武器はダンスだと思う。

でも、それが全く伝わっていない。

WLの面接の話に戻るが、多くのメンバーが「仲の良さが伝われば…」と話していた。

仲の良さでヒットしたのは嵐。

もう世間は仲の良さは求めていないと思う。

だって、世間からしたらジャニーズで一番仲の良いグループは嵐なんだから。

もう仲良しなグループは嵐だけで満腹ですよね〜〜世間の皆さん〜〜〜って演説したい。

(元嵐ファン的には、嵐には仲の良さ以外にたくさん良いところがあったから仲の良さを売りにされて悔しかった。)

だからこそ、JUMPちゃんにはダンスを売りにして頑張って欲しい。

売り出したいものが中途半端だと、いつまで経っても中途半端で新規獲得には繋がらない。

あと、J事務所が欲しているのではなくて、

J事務所にやる気が伝わっていないから

J事務所は売る気がないだけ。

もし、JUMPちゃんがそこまで何かへばりつくじゃないが、こだわることがあって今のような状態になっているのなら、その原因を知りたい。分かるように示して欲しい。

逆に売れる気がないなら諦めさせて欲しい。

諦めた上でファンをやる方が気が楽だから。

って、こんなことを言わせないで欲しかった。

私が勝手に話しているだけだけど…

 

 

今、模索していることがあるのなら、
ペースとしては遅いし、大問題だけど、
私は待ちたいというのが本音。

待たせて下さい。